Creative for Life !

バドミントンクリエイターを目指す学生のブログ

CSS Nite in KOFU Vol.6(コンテンツ制作力を強化する4つのメソッド)に参加しました


7月9日(土)に開催されたCSS Nite in KOFU Vol.6(コンテンツ制作力を強化する4つのメソッド)に参加しました。

CSSNiteはWeb制作に関わる方のためのセミナーイベントで全国各地で様々なイベントが開催されています。

今回は4人の講師の方にプレゼンをして頂き、ワークショップを交えながら参加者との交流も行われました。どの講師の方も書籍に名を連ねるすごい方たちで、とても貴重なお話しを聞くことができました。

『IA/UXプラクティス』を解きほぐし、実践する - 坂本 貴史(さかもと・たかし)

サービスを利用する背景からUI/UXについて必要な考え方や実践方法を紹介。ワークショップではカスタマージャーニーマップを作成し、課題から必要なコンテンツ施策(ユーザー体験)について考えました。

プレゼンの内容

  • UI/UXは今だけのトレンドではない。1回覚えてしまえばその後も活用できる。
  • カスタマージャーニーマップを作り課題を見つけ問題点を可視化する。
  • 課題を俯瞰し利用背景まで理解することが重要。→点のデザインから線のデザインへ。

クライアントを巻き込むチームビルド(ディレクション) - 田口 真行(たぐち・まさゆき)

ディレクションを船に例えプロジェクトの進め方を紹介。ワークショップでは、キックオフからリリースまでの間に起こる問題点について書き出し、課題の優先順位をリスクマネジメントの観点から明確化しました。

プレゼンの内容

  • ディレクションはリーダーシップではなくパートナーシップ。
  • 船(プロジェクト)を進めるために必要なもの。目的地、航路、役割分担、動力。
  • ボール(依頼)を打ち返すのではなくキャッチボールをしながら関係性を作っていく。→プロジェクトの原動力は「人」、コミュニケーション。

Webのキャッチはこうつけよ 〜広告から見る名文の秘訣〜 - 高畑 哲平(たかはた・てっぺい)

文章が苦手な人でもすぐに使えるキャッチテクニックを紹介。ワークショップでは、山梨県を表すキャッチコピーを考えました。

プレゼンの内容

  • キャッチは数値強調型と問題解決型が王道。
  • キャッチを作るポイント。名詞を抽出し装飾する。読み手が知りたい情報を5W2Hから見つけ出す。
  • 画像キャッチを作るポイント。文章から作り、文章の一部を画像に置き換える。→画像に3割語らせる。

知っていれば「早く終わる」「キレイに仕上がる」 イマドキの実装テクニック - 鷹野 雅弘(たかの・まさひろ)

最近の新しいアプリやアドビの新機能についてデモを交えて紹介。

プレゼンの内容

  • Macの新しいシステムフォントSanFrancisco。前後の文字関係からベースラインなどを自動調整。画面の小さいデバイスでも読みやすい。
  • PhotoshopやIllustratorのデータを連携するCC Libraries機能。画像アセットの共有に便利。
  • 脱アドビ。昨今は様々な制作ツールが出てきている。機能もアドビに充分対抗でき、価格もリーズナブル。
  • 手慣れたやり方に満足するのはもったいない。ツールはどんどん進化していきワークフローの効率化が進んでいる。→常にスキルを磨き続ける。

参加した感想

CSSNiteは今回が初めての参加でしたが、講師の方のトークセンスがすごいなぁと思いました。プレゼンの内容も分かりやすく、ネタも取り入れつつ楽しい雰囲気で堅苦しくなく気軽に聞くことができました。また、実際にワークショップでプレゼンの内容を体感できたのでより理解を深めることができました。

イベントの内容はビデオで撮影しているので、資料と一緒に配布されます。聞き逃したところや後で確認したいことがある時にありがたいですね。

先月から勉強会やセミナーにいくつか参加してきましたが、CSSNiteは特におすすめしたいです。ぜひまた参加したいと思います。


blog comments powered by Disqus
桂川涼伊の画像

桂川涼伊(Katsuragawa Ryoi)

Badminton Creator

バドミントンクリエイターを目指す放送大学4年生。
バドミントンのコーチを5年間努めた経験を活かし、バドミントンのWebサービスやアプリの制作に取り組んでいます。

エントリーリスト

お探しの記事は見つかりませんでした。

カテゴリーリスト

タグクラウド